【呪術廻戦】内通者は狗巻棘?芥見先生の発言で裏切り確定!?

【呪術廻戦】内通者は狗巻棘?芥見先生の発言で裏切り確定!?

今回は、呪術廻戦の狗巻棘の内通者説について考察してみます。

呪術廻戦の内通者問題については長らく議論されてきましたが、渋谷事変が終わってからまた新たに容疑者が増えました。それが今回ご紹介する狗巻棘です。

狗巻棘が呪術廻戦の内通者として疑われるようになったのは、どうやら狗巻という名前に関係があるようです。調べてみると興味深い内容だったのでご紹介します。筆者的にはこういった考察は大好きです。

また、芥見先生が狗巻の内通者説に言及したとの噂があるのですが、本当なのでしょうか?調査してみました。

呪術廻戦の内通者は狗巻棘なのか考察

当サイトでは、狗巻棘が呪術廻戦の内通者である可能性はほとんどないと考えています。

理由は下記の通りです。

狗巻棘が内通者でない理由
  • 姉妹校交流会に現れた花御への反応
  • 身を挺して強敵と戦っている
  • 呪言という術式の特性が内通に向かない

1つづつ解説します。

姉妹校交流会に現れた花御への対応

狗巻棘の内通者説の否定材料としてまず挙げられるのが、京都姉妹校交流会に現れた花御に対する狗巻棘の反応です。

森の中で花御と遭遇した狗巻棘は、一瞬だけ臨戦態勢を取りますが、圧倒的な力量差を察したのかすぐにその場を離れ、伏黒や加茂憲紀に敵の襲来を伝達するために動いています。

もし仮に狗巻棘が内通者だったら、あの場面で花御の襲来を周知する行動を起こすはずが無いです。

身を挺して強敵と戦っている

姉妹校交流会では、狗巻棘は伏黒や加茂憲紀と合流した時点で「ゲホッ」と咳き込んでおり、合流する前に花御に対して呪言で攻撃していたことがわかります。

その後、乱戦の中で狗巻棘は花御に対して、強い反動を喰らうほど強い呪言で攻撃しています。

もし仮に狗巻棘が内通者であれば、あそこまでリスクをおった呪言を使用するはずがありません。

呪言という術式の特性が内通に向かない

呪言という術式は、狗巻の意志に関係なく言葉の意味をそのまま相手に強制する術式です。

皆さんんご存じの通り、狗巻の語彙が全ておにぎりの具なのはこれが理由です。

内通者は情報を入手し伝達するのが仕事ですので、意図せず言葉に呪力が乗ってしまう狗巻棘の術式は内通者として活動するには非常に不便です。

これらのことから、当サイトでは狗巻棘が呪術廻戦の内通者である可能性は低いと考えています。

狗巻棘が内通者として疑われるようになった理由

ここまで、狗巻棘が内通者ではないとする根拠をご紹介しました。上記の内容を加味すると、狗巻が内通者であるとは考えにくいと思いますがどうでしょうか。

一方で、狗巻棘が内通者として疑われるようになった理由も興味深いものが多かったので以下でご紹介します。

狗巻棘が疑われるようになった理由
  • 「狗」という字に隠された意味
  • 主要登場人物の中で唯一過去の掘り下げが無い
  • 筆者の狗巻嫌い発言

「狗」という字が「スパイ」を意味する

狗巻棘という名前の「狗」という字には「スパイ」「回し者」という意味があるそうです。

いぬ【犬/×狗】
【一】[名]

 食肉目イヌ科の哺乳類。嗅覚・聴覚が鋭く、古くから猟犬・番犬・牧畜犬などとして家畜化。多くの品種がつくられ、大きさや体形、毛色などはさまざま。警察犬・軍用犬・盲導犬・競走犬・愛玩犬など用途は広い。

 他人の秘密などをかぎ回って報告する者。スパイ。「官憲の—」

 人をののしっていう語。

(出典:Weblio 辞書

調べてみると、確かにそういった意味が含まれていました。

しかし、これだけでは理由として少し弱い気もします。芥見先生はキャラの名前にあまり深い意味を持たせていないので、深読みしすぎの可能性も否めませんね。

主要登場人物の中で唯一過去の掘り下げが無い

狗巻棘は主要登場人物の中で唯一、過去の掘り下げがされていません。

伏黒や釘崎はガッツリ過去が明らかになっていますし、あの虎杖ですら両親が登場しています。

しかし、狗巻棘の過去については今のところ本編で一切明らかになっていないのです。

このことも狗巻が怪しいとされている理由の1つです。

筆者の狗巻嫌い発言

3つ目は筆者である芥見先生が狗巻が嫌いと発言したことです。

しかし、芥見先生が狗巻のことを嫌いと発言したのは事実のようですが、そのことが狗巻が内通者であることを暗示しているとは思えませんでした。

事の発端は芥見先生がフジテレビの「漫道コバヤシ」に出演した時の発言です。

芥見先生は狗巻について「狗巻は何も掘り下げてないのに人気あるのが釈然としない」と言っていました。

これに尾ひれがついて「狗巻=内通者」の噂が立ってしまったと考えられます。

芥見先生の発言を素直に読むと、「狗巻は他のキャラより情報が少ないのに何で人気やねん!」と言っているだけなのですが、憶測が憶測を呼んだ結果でしょう。

噂って怖いですね!

【呪術廻戦】内通者は狗巻棘?芥見先生の発言で裏切り確定!? まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の狗巻棘は内通者なのかを考察してみました。

当サイトでは下記の3つの理由から、狗巻棘が内通者である可能性は低いと考えています。

狗巻棘が内通者でない理由
  • 姉妹校交流会に現れた花御への反応
  • 身を挺して強敵と戦っている
  • 呪言という術式の特性が内通に向かない

狗巻棘が内通者として疑われるようになったきっかけも解説しましたが、特に「狗」の漢字に込められた意味については興味深いですね。

皆さんは誰が内通者だと思いますか?

当サイトでは、狗巻の他のキャラについても内通者の可能性を考察していますので、ぜひご覧ください。

呪術廻戦の内通者は誰?各候補者を考察

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です