呪術廻戦の内通者は誰?各候補者を考察

【呪術廻戦】内通者は家入硝子?怪しいシーンを洗い出して考察してみた

今回は、呪術廻戦の内通者は誰なのか考察してみたいと思います。

呪霊・呪詛師らの動向は明らかに呪術師の行動を先読みしたもので、このことに気づいた五条悟は内通者の存在を疑います。

メカ丸が内通者だったことが判明しましたが、内通者は複数いるようです。一体誰が内通しているのでしょうか?

ファンの間では呪術廻戦の内通者問題について色々と考察がされており、容疑者として「家入硝子」「夜蛾正道」「冥冥」などの名が挙がっています。

本記事では、呪術廻戦の内通者候補をご紹介し、本誌で公開されている情報を基にそれぞれが内通者である可能性について検証します。

呪術廻戦における内通者とは?

呪術廻戦の内通者とは、呪術師側に属していながら、呪霊・呪詛師に呪術師側の計画や動向を流している者のことを言います。

呪術廻戦の第13話では、五条悟が乗った車を漏瑚が急襲しますが、漏瑚はあの時間・あの場所に五条悟が車に乗っていることをどうやって知ったのでしょうか?

これ以外にも、呪霊・呪詛師が呪術師側の情報を握っていると思われる描写があります。

  • 死んだと公表した虎杖が生存していることを知っている描写があった
  • 姉妹校交流会でタイミングよく花御が登場
    etc….

このように、ストーリーが進むに従って内通者が存在する可能性が濃厚となっていきます。

このことを受け、五条悟は京都校側の調査を庵歌姫に依頼します。

歌姫の調査結果によると、

歌姫の調査結果
  • 内通者は2人以上いる
  • 内1人は学長以上の立場の人物
  • もう1人は上層部の内通者に情報を流している

とのことでした。

内1人はメカ丸だった

呪術廻戦の第79話にて、複数いる内通者の内の1人が京都校に所属する「メカ丸」こと、与幸吉であることが明らかになりました。

メカ丸は生まれつき五体不満足であることを代償に、広大な術式範囲と強力な呪力を獲得しています。

禪院甚爾や禪院真希のような「フィジカルギフテッド」とは真逆の天与呪縛です。

メカ丸は健全な肉体に憧れ、真人の無為転変で身体を治してもらう代わりに、高専の情報を呪詛師に流していたのです。

 

メカ丸が内通者であると見破った歌姫ですが、もう1人の内通者に関しては「私じゃどうしようもない」と言っていました。

歌姫の予想では、もう1人の内通者は学長以上の上層部の人物だそうです。

呪術廻戦のもう1人の内通者を考察

ここからは、呪術廻戦のもう1人の内通者について考察してみます。

現在、内通者の可能性が高いとされているのは以下の5人です。

内通者候補
  • 夜蛾正道
  • 家入硝子
  • 伊地知潔高
  • 狗巻棘
  • 冥冥

まず、読者の間で有力視されている「夜蛾正道」と「家入硝子」について解説します。

夜蛾正道

夜蛾正道は呪術廻戦の内通者候補として初めに名前が挙がったキャラです。

五条が夜蛾の元へ向かう途中に漏瑚に襲われたり、交流会時に天元の元へ向かうも真人と遭遇した描写が無かったなど、夜蛾には怪しい点がかなりあります。

また、歌姫の「内通者は学長以上の立場の人物」という報告結果にも当てはまりますよね。

しかし、楽巌寺学長によって殺害されてしまいましたので本人の口から真相を聞くことはできなさそうです。

家入硝子

夜蛾学長と同列で内通者の有力候補として挙げられるのが家入硝子です。

ストーリー序盤に虎杖が死亡し、すぐに生き返ります。このことは五条悟によってしばらくの間伏せられました。

しかし、羂索は虎杖が生きていることを見抜いているような描写がありました。

このことが家入が内通者として疑われるようになったきっかけとなります。

また、渋谷事変では夜蛾学長と共に負傷者の治療の任務に就きますが、その時に「私1人でいいですよ」と発言していました。

家入には戦闘能力はほとんど無く、敵に襲われたときに負傷者を守りながら戦うことなどできないはずですので、この発言は少し不自然なような気もします。

このことも家入が内通者であることの根拠の1つとなっています。

呪術廻戦の内通者が家入硝子である可能性については下記記事で考察しています。

呪術廻戦の内通者は家入硝子?

伊地知潔高

伊地知潔高は五条や家入以外で、虎杖が生き返ったことを知っていた唯一の人物でした。

家入が同じ理由で疑われているので、同様に伊地知も内通者候補として名前が挙がりました。

五条が漏瑚に襲われた際、五条を夜蛾のところまで送り届けるために車を運転していたのも伊地知です。

伊地知が流した情報を基に呪霊・呪詛師が暗躍していたとしたら、つじつまが合うことが結構ありますよね。

また、伊地知は任務でいろんな場所に生徒達を送り届けているので、高専内の動向を知れる立場の人間であるとも言えます。

伊地知は補助監督で術式は扱えないようですが、あえてそのように見せている可能性もありますよね。伊地知は元々呪術師志望で、高専生だった頃は任務も請けていたようなので術式を隠し持っているのかもしれません。

狗巻棘

狗巻棘は最近になって内通者候補として名が挙げられるようになった人物です。

他の主要登場人物と比較して過去の描写が無いというのが理由です。

また、狗巻棘の「狗」という字には「回し者」「スパイ」という意味があり、伏線になっている可能性があるのです。

狗巻棘はクールキャラで感情を表に出すことがあまりありません。読者からすると感情が見えにくい狗巻は怪しい感じがしてしまいますよね。

内通者なんていないに限りますが!

呪術廻戦の内通者は狗巻棘?

冥冥

冥冥はフリーランスの呪術師で、金に目がありません。

敵から大金を積まれると簡単に情報を売りそうな気がします。

また、冥冥の「黒鳥操術」はカラスを自由自在に操ることができ、カラスの視界を共有できるなど、隠密しながら情報を収取するには最適な術式です。

これらのことより、内通者の有力候補として名が挙げられています。

しかし、101話では偽夏油(羂索)が放った特級呪霊「疱瘡神」と冥冥・憂憂コンビが戦っています。疱瘡神は冥冥や憂憂を本気で殺しにかかっていました。

冥冥が内通者であれば、あそこまで本気で戦わなくても良い気がしますので、101話の時点で冥冥は内通者候補から除外される気がします。

内通者はまだ登場していない?

呪術廻戦の内通者はまだ登場してない可能性もあります。

ここまで、読者の間で名が挙がっている内通者候補をご紹介しましたが、内通者であることを示す決定的な(もしくは有力な)証拠はどの候補者にも見当たりません。

ですので今名が挙がっている候補者全員が総じてハズレの場合もありますよね。

この場合、ストーリーの盛り上がりには欠けますので、少しがっかりな感じもしますが…。

呪術廻戦の内通者は誰?各候補者を考察 まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、呪術廻戦の内通者は誰なのか、現時点で名が挙がっている候補者をご紹介し、内通者である可能性について考察しました。

現時点で名が挙がっている候補者は、

内通者候補
  • 夜蛾正道
  • 家入硝子
  • 伊地知潔高
  • 狗巻棘
  • 冥冥

でした。なお、上記候補者には状況証拠しかなく、決定的な決め手がまだないので、内通者はまだ登場していないキャラの可能性もあります。

皆さんは誰が内通者だと思いますか?

自分が好きなキャラが内通者だったらショックですよね…。内通者なんていない方がいいですよね!

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です